本で囲われた空間

本に囲われた空間

最近久しぶりに本を買いました。
本屋が好きで、あるとついつい寄ってしまいます。
電子書籍も少しずつ浸透してきましたが僕はあまり使っていません。

それは本に囲まれた空間が好きだからなんだと思います。
本は文章がメインなわけですが、小説などを買う際は表紙に魅かれて買ってしまうこともあります。
雑誌などは特にそうですが思わず飾りたくなる眺めて楽しい本は、
それだけで魅力があると思います。
実際、自宅でもお気に入りのアートブックを飾っています。

本に囲われた空間

ですが飾っておく場所によっては汚れ、傷みが出ててしまう時があります。
そんな時におすすめなのが古書です。
革の背表紙でできた渋さ満点のアンティーク洋古書からカラフルなハードカバーの洋古書まで
バリエーション豊かな本たちは置きたい場所にあわせてディスプレイできます。

カフェや珈琲店、雑貨屋などによく使われていますが、
撮影用の小道具、自宅のインテリアにも合うのではないでしょうか。

インテリア洋書

ジャケ買いという言葉がある通り、本のカバーは中身を表現するアートなのかもしれません。
そう考えて本を見たとき、いつもと違った見方ができる気がしてきます。

また近いうちにアンティークの商品を紹介するつもりです。
次回は何でしょうか、お楽しみに!


関連記事

PICK UP

7,000円(税抜)
グッドデザイン
1,400円(税抜)
クリスマスオーナメント
14,000円(税抜)
アンティーク
6,400円(税抜)
House Doctor
90,000円(税抜)
アンティーク
200,000円(税抜)
アンティーク

GENERAL SUPPLY @ INSTAGRAM


>> <<

TOP